アメリカ・パドレ島でアオミノウミウシが相次いで目撃される、触らないよう警告

Glaucus atlanticus
Poyt448, Peter Woodard / CC BY-SA

アメリカ・テキサス州のパドレ島の国立海岸で、ある生物の目撃情報が相次いでいる。「ブルーエンジェル」、または「ブルードラゴン」という名前で呼ばれることもあるアオミノウミウシだ。

このパドレ島の国立海岸は、本来ならアオミノウミウシが見つかることはない。パドレ島国立海岸のfacebookアカウントにアオミノウミウシの写真を提供したトレイ・レーン一家の話によると、30年間に渡ってこのパドレ島で休暇を過ごしているが、アオミノウミウシを見たのは今回が初めてで、今シーズンに入って立て続けに4匹を発見しているという。

アオミノウミウシは体長約3cmほどのミノウミウシのなかまで、外洋性であるため通常は沿岸部でみられることはないが、今回のように沿岸へと漂着することがある。大西洋や太平洋、インド洋の温帯~熱帯の海に広く見られ、日本では南西諸島や小笠原諸島など鹿児島より南の海でみられる。広い外洋に分布して生息しているため、そういった意味ではあまり珍しくはない。

アオミノウミウシの「盗刺胞」

この生物の厄介なところは、毒を持っているということだ。アオミノウミウシはクラゲやイソギンチャクのように刺胞という毒針のある細胞を持っているが、実はこの刺胞は本来、アオミノウミウシが作ったものではない。実は、アオミノウミウシはクラゲの毒を”盗む”ことができるのだ。

アオミノウミウシは肉食性で、主にクラゲ類を食べる。このとき、ギンカクラゲやカツオノエボシなどが持つ刺胞を、そのまま体内に取り込んで体表に移動させ、身を守るための武器として再利用するのだ。悪名高いカツオノエボシの刺胞を取り込んだアオミノウミウシに触れると、カツオノエボシほどの刺胞はないにしても、刺された部分に激痛を感じるという。

参考記事
[kanren id=”274″]

このアオミノウミウシはしばしば大量発生して沿岸部に流れ込むことがあり、2017年にはクイーンズランド州沿岸で63人もの観光客がミノウミウシに刺されて病院に搬送されたという。今回アオミノウミウシが相次いで目撃されているパドレ島では、被害が出ないようにFacebook上でも注意が呼びかけられている。

体長が数cmであるため、触れたことに気付かれないこともあり、その美しさから不用意に触って刺されてしまうこともあるようだ。しばしば、このアオミノウミウシを(下からすくうように)手で持つ写真が投稿されることがあるが、もしこのアオミノウミウシに偶然遭遇したとしても、決して触らないように。

アメリカ・フロリダ州の気象局が異例の「イグアナ警報」を発令

フロリダでイグアナ警報

古くより、空から魚やカエルが降ってきたという事例が世界各地で報告されている。これらはファフロツキーズ現象(日本では怪雨)などと呼ばれており、現代でも稀にみられるが、しばしばその原因がよく分からないことも多い。

アメリカ・フロリダ州マイアミの気象当局はこのほど、異例の「イグアナ注意報」を発令した。このイグアナ警報は”イグアナが落ちること”を警告するものであるが、ただし空からではなく「木の上」からだ。
フロリダ州一帯にはグリーンイグアナが数多く生息しているが、他の爬虫類同様に寒さには弱い。気温が10度を下回ると動きが鈍くなり、気温が4度以下になるとほとんど”冬眠”した状態になり、ほとんど動けなくなるのだ。

現在、フロリダ州では平均気温が例年よりも大幅に下回っており、厳しい寒さが続いているが、木の上で”冬眠”し、動けなくなったイグアナがしばしば落下してくることがあるのだという。フロリダ州マイアミ支部の気象当局はTwitterで「今夜はイグアナが木から落ちても驚かないように」とツイートしている。

ユーモアのある警報ではあるが、体のいたるところに鋭利なトゲがあり、体重数kgにもなるイグアナが落ちてくるかもしれないと考えると危険であることは間違いないだろう。
実際、各地では地面に落下したイグアナの様子がツイートされており、寒さの続くフロリダでは今後もイグアナに十分な警戒が必要のようだ。”幸い”にも、現在までにイグアナが直撃して負傷したという事件は起きていない。

イグアナ警報に喜ぶ人々も

実は、フロリダ州に生息するグリーンイグアナは1960年代に中南米から持ち込まれて野生化した侵入生物種であり、民家に侵入したり車道を通るだけでなく、絶滅危惧種の蝶やカタツムリなどを捕食することがあるため大きな問題となっているのだ。食べ物が豊富にあり、天敵がいないことから今なお増え続け、生息地を拡大しているという。

フロリダ州の野生生物局はイグアナを発見した場合には可能な限り駆除することを勧めており、イグアナによって様々な被害を受けている人々が「反撃」する大きなチャンスとなっている。強い寒気によってイグアナが無防備になる機会を待っていた”イグアナハンター”もいるらしく、イグアナ警報によって今年は”豊年”となりそうだ。

エレベーターで起きる犬の宙吊り事故、居合わせた男性が救助に成功

犬のエレベーター事故

このほどアメリカ・テキサス州のヒューストンで、リードで繋がれた犬が上昇するエレベーターに引っ張られそうになったところを、偶然居合わせた男性がギリギリのところで救助するという出来事があった。

27歳のジョニー・マティス(Johnny Mathis)氏は仕事を終え、エレベーターに乗って地下の駐車場から1階の自宅へと降りた。すると、入れ違いにポメラニアンを連れた女性がエレベーターへ乗り込んできた。マティス氏はその可愛らしいポメラニアンを横目で見ながら、帰宅しようとする。

このとき、女性はエレベーターのボタンを操作していたため、背後でポメラニアンがエレベーターに乗りそびれてしまったことに気付かなかった。ドアが閉まり、エレベーターが上昇をはじめると、犬に付けられていたリードがどんどん上へと持ち上がる。このままでは、上昇するエレベーターに引っ張られてリードで首が締まってしまうところだ。

一部始終を見ていたマティス氏は事態をいち早く察知し、急いでポメラニアンの元へと駆けつけ、リードを外しにかかった。これ以上リードが引っ張られないように力一杯に引き留めながら、リードの金具部分を探りあて、見事救助に成功する。外れたリードはそのままエレベーターへと吸い込まれていった。飼い主の女性はこの救出劇のさなか、エレベーターの外で起きているであろう最悪の事態を想像して取り乱し、泣き叫んでいたという。

動揺しながらも恐るおそる1階へと降りてきた女性を、マティス氏と無事だったポメラニアンが出迎えた。女性はマティス氏に感謝を伝え、それでも感情を抑えきれていない様子であったという。その翌日、マティスさんは事情を説明して管理事務所へ。事故防止啓発のために防犯カメラの映像をTwitterに投稿した。

エレベーターで起きる犬の宙吊り事故

このような話は決して珍しくない。過去にも同じような場面で、居合わせた人が犬を救助したという例がいくつも報告されている。

▼男性が救助に成功します。

▼犬が自力で逃げ出し、事なきを得ました。

▼犬は助かりますが、ショッキングな映像です。苦手な方が閲覧される際はご注意ください。
Dog flies to ceiling, nearly strangled by elevator

中国では2016年に80代の老人が、エレベーターに飼い犬が乗っていると思い込んだまま扉を閉め、犬が窒息死してしまう出来事があった。さらに、こうした事故で危険なのは飼い犬だけではない。

国内でも起きている犬の宙吊り事故

2002年には愛知県で大型犬を連れた女性がエレベーターに乗った際に、犬がホールに取り残されたままエレベーターが上昇し、鎖を持っていた左手がそのまま引っ張られ、手首に重傷を負った。

さらに2006年では東京都で95歳の女性がエレベーターに乗って10Fに向かう途中、乗り合わせた男性につられて飼い犬が8Fの外に出た。女性は犬をエレベーター内に引き戻そうとしたが、扉が閉まってエレベーターはそのまま上昇した。女性は指にリードを巻き付けていたために、そのまま引っ張られるように指が巻き込まれて指4本を切断するという事故が起きている。

これらの報告には犬の安否までは記載されていないが、リードを握っていた手に重傷を負うような大きな力が働いているため、犬たちがどうなってしまったのかは明らかだろう。人によっては、手首を失うよりも悲しい結果になりかねない。

今回の事故は、犬がエレベーターにしっかりと乗っていることを確認しなかった飼い主の不注意はもとより、長すぎるリードも問題だった。皮肉にも、長すぎるリードによって犬は助かることになったが、これではエレベーターの宙吊り事故に限らず、交通事故などの他の事故にも見舞われかねない。エレベーターに乗るときは同乗者への配慮も兼ねて、リードを短く持つか、小型犬では抱えて乗る方が確実だろう。

不気味な生物「ユムシ」が、カリフォルニアのビーチに大量に打ち上げられる

警告
警告対象:グロテスクな生物
この記事にはグロテスクな生物の画像または動画などのコンテンツが含まれています。苦手な方の閲覧には十分ご注意ください。

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコの美しいドレイクス・ビーチ(Drekes Beach)。しかし、今ここは地獄と化している。日本では「ユムシ」と呼ばれている奇妙で不気味な生物が、この海岸に大量に打ち上がっているのだ。

ユムシとはどんな生物なのか?

ユムシ(螠虫)はミミズやヒルなどが属する環形動物の一種で、ユムシ動物ユムシ目ユムシ科ユムシ属に分類される生物の総称だ。体長はおよそ10~30cmほどで、太ったミミズのような姿をしており、乳白色の体はまるで皮膚のようで薄気味悪い。海外ではその姿からペニスフィッシュ(penis fish)と呼ばれているようだ。


IMG_2966 flickr photo by evenkolder shared under a Creative Commons (BY) license
食用として積まれたユムシ。

一方の先端には口があり、その周囲には剛毛が生えている。興味深いことに、この剛毛が何の役に立っているのかはよく分かっていないという。そして、その口の反対側には肛門が備わっている。ナマコでは口と肛門が一緒になっているが、ユムシの場合は口と肛門でしっかりと分かれている。


IMG_3031 flickr photo by evenkolder shared under a Creative Commons (BY) license

干潟の砂などに潜って生活し、吻(ふん)と呼ばれる器官を伸ばして、粘液を分泌しながらデトリタス(生物由来の死骸や排泄物などの有機物)を絡めとり、繊毛で吻の根本にある口まで運んで食べる。雄と雌に分かれている雌雄異体であり、生殖には体外受精が行われる。産まれた幼生はしばらくプランクトンとして浮遊生活を送ったのち、砂に潜って底生生活を行うようになる。

釣りのエサとして使われることもあるが、韓国や中国では食材として刺身にしたり、炒め物や煮物にして食べられており、特に韓国では「ケブル」と称され、媚薬の効果があると信じられている。
日本でも北海道の一部などでは珍味として知られており、口と肛門のある両端を切り、内臓を取り出してから刺身や煮物、野菜炒め、酢味噌和えなどにして食べるという。ユムシには特有の食感があり、味はミル貝に似ているそうだ。

カリフォルニアでは冬季特有の強い低気圧によって嵐に見舞われ、海底にいたユムシが巻き上げられて一斉に打ち上がったという。訪れた人々は気味の悪い様子を示しながらも、一部の人々はこの状況を意外にも楽しんでいるという。海岸を埋め尽くすほどのおびただしい数のユムシが今後どうなってしまうのかは見当もつかないが、しばらくは海鳥たちのビュッフェとして楽しまれることなりそうだ。

世界でまだ確認されていないダイオウグソクムシの脱皮、今回も脱皮中に死んでしまう


Giant Isopod flickr photo by NOAA Ocean Exploration & Research shared under a Creative Commons (BY-SA) license

世界初の完全脱皮が期待されていた、三重県鳥羽水族館で飼育されているダイオウグソクムシが死んでいることが12月10日に明らかになった。

ダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)はダンゴムシやワラジムシ、フナムシなどの等脚目のなかで最も大きな種だ。おもにメキシコ湾や西大西洋の深海に生息しており、海底に沈んだ魚やクジラなどの死骸を食べて生活するため「深海の掃除屋」とも呼ばれている。

本種の特徴は何といってもその「大きさ」にある。日本最大の等脚目であるオオグソクムシが体長約15cmまでに成長するのに対して、ダイオウグソクムシは最大で50cm、体重は1kgにも達することがある。まさに”ダイオウ(大王)”の名に恥じない生物だ。ちなみに、名前の”グソク”は日本の甲冑(かっちゅう)の別称である具足(ぐそく)に由来している。


ダイオウグソクムシ flickr photo by TAK. shared under a Creative Commons (BY) license
オオグソクムシとダイオウグソクムシ。その差は歴然としている。

しかし、ダイオウグソクムシでは他のグソクムシの仲間とは異なり、徹底した管理が必要になる。オオグソクムシは水温18度までは大丈夫だが、ダイオウグソクムシでは水温が1桁を超えるとすぐに死んでしまうという。また、光にも非常に敏感で、オオグソクムシでは蛍光灯程度の明かりなら大丈夫だが、ダイオウグソクムシでは光に当たると失明を起こしてすぐに死んでしまうというのだ。
だが、現在では国内での飼育管理方法も確立され、多くの水族館でダイオウグソクムシの展示が行われるようになった。

三重県鳥羽水族館も、ダイオウグソクムシを展示している施設の一つだ。この鳥羽水族館で飼育されている体長約31cm、重さ約1kgの通称「No.23」という個体では、今年9月頃からある”興味深い現象”が観察されていた。ダイオウグソクムシの”脱皮”である。

ダイオウグソクムシの脱皮

ダイオウグソクムシの脱皮が観察されることは世界的に珍しく、確認された例はこれまでに国内で3例(そのうち2例は鳥羽水族館)、アメリカで1例のみであった。
ダイオウグソクムシでは、最初に体の後半部分から脱皮し、この部分がしっかりと硬化したあとで前半部分の脱皮を行うとされる。しかし、これまでに確認されている4例はすべて、体の後半部分を脱皮した時点でまもなく死んでしまっているのだ。

今年10月13日の時点で、「No.23」は後半部分の脱皮が成功していた。このまま順調に進めば、前半部分も脱皮して世界初となる”完全脱皮”になると思われていたが、12月10日に「No.23」が死んでいるのを飼育員が確認したという。少なくとも、後半部分が脱皮した時点では”元気な様子”を見せていたというが、死んでしまった詳しい原因は分かっていない。鳥羽水族館では今後、「No.23」の死骸を解剖して、詳しい原因を調べる方針であるという。

ダイオウグソクムシはもちろん脱皮をして大きくなるため、成長していく上で必ず行われるプロセスであるが、確認例が無いために詳しいことはまだ明らかになっていない。未だに謎に包まれたダイオウグソクムシの完全脱皮が、願わくば日本で観察されることを期待したい。