爬虫類

ワシが走行中の車に毒蛇を落とし、運転手の男性が噛まれる――ケニア

今月、ケニアでワシが車の上に毒蛇を落とし、運転手の男性が蛇に噛まれるという奇妙な出来事が起きたとSTAR紙が報じました。

6月1日、ケニア・キトゥイ東部にあるムティト出身のデイビッド・ムショカさん(David Musyoka)は、車を走らせてムウィンギ市に向かっていました。

すると、車の上を飛んでいたワシが通りすがりに毒蛇として知られるブラックマンバを落としてきたといいます。車の窓は開いていたたため、ブラックマンバはそのまま車内に侵入してムショカさんの左手を噛みました。

ムショカさんはすぐに車を止め、助けを求めて叫ぶと近隣の住民が急いで駆け付けました。住民たちはムショカさんに応急手当を施し、車の近くに落ちたブラックマンバを退治しようとします。

ところが、なんと同じワシが再び現れて落としたブラックマンバを持ち去っていったといいます。

ムショカさんはそのまま病院へと運ばれ、現在では既に退院しているといいますが――ムショカさんの身に”降りかかった”出来事を目の当たりにしたクワンブングの住民たちは不安を感じているようです。


ブラックマンバ(Dendroaspis polylepis)の毒は非常に強く、未治療なら致死率は100%といわれている。
Black Mamba flickr photo by hape662 shared under a Creative Commons (BY) license

この一部始終を目撃していた住民の一人は、ワシが男性を殺すために蛇を送り込んだのではないかと考えており、他の住民が再び攻撃されるのではないかと心配しているといいます。

Reference:Black mamba falls from eagle’s talons, bites driver

間合いに入ってきた犬をオオトカゲが尻尾で制裁の一撃(動画)

オオトカゲにこんな技があったとは――

タイで撮影されたというこの映像では、オオトカゲの驚くべき身体能力の断片を見ることができます。

まるでオペラ歌手のような唸り声でオオトカゲをけん制する一匹の白い犬。しかし注目するのはそこではありません。


Lizard Defends Itself From Dogs

向こう側にいる犬も一緒に吠え立て、一見するとオオトカゲは劣勢であるように思われます。

しかし、手前の犬が一歩踏み出すとすかさずオオトカゲが尻尾を一振りし、犬の頬に強烈な一撃を与えます。


Lizard Defends Itself From Dogs

乾いた音から察するに凄まじい勢いだったのでしょう。撮影者の女性も思わず悲鳴を上げます。

犬はたまらず鳴き声をあげて遠くに退散しました。犬を攻撃する直前のオオトカゲの動きをみると、いつでも攻撃できるように準備していることが分かります。

爪や牙だけに注目しがちですが、私たちが想像しているよりも攻撃範囲は広いようです。

[itemlink post_id=”10150″]

ある日突然バスルームが水浸しに、排水溝から現れたのは大きなニシキヘビ

オーストラリア・クイーンズランド州のブリスベンで、ある日突然バスルームが水浸しになるという異常事態が発生。

その原因の正体とは――

狭い排水溝から現れたのは、なんと全長約2mもの大きなニシキヘビ。

排水口のなかにヘビを発見した女性は直ちにヘビ専門の業者に通報しました。

30分ほどかけて取り出されたこのニシキヘビは無事に近くの茂みに返されたといいます。

どのようにして排水溝へ入り込んだのかは不明だそうですが――ヘビも女性も無事で何よりでした。

大型フィギュアの小包から巨大なニシキヘビが現れる――タイ・バンコク

先月16日、タイ・バンコクの郵便局で小包から巨大なニシキヘビが現れるという出来事があったと、このほど『Yahoo News Austrarlia』が伝えました。

3mものニシキヘビは小包の角の破れ目から現れ、通報後間もなく駆け付けたレスキュー職員によって保護されました。ニシキヘビは攻撃的だったものの動きは鈍く、捕まえた後は野生に返されたといいます。

小包のラベルには日本のアニメ『ONE PIECE』の大型アクションフィギュアと書かれており、さらに「非常に高価なので取り扱いに注意してください」という注意書きが貼られていたといいます。

Reference:‘Be careful’: Parcel sparks major panic in post office

あなたにおすすめの記事
[kanren id=”8612″]
[kanren id=”7104″]

ブリーダーがボールニシキヘビを育てあげると体に3つのスマイルマークが出現、SNSで話題に

現在SNS上で「Emoji Ball Python」と名付けられた、体に3つのスマイルマークを持つヘビが話題になっています。


Youtube 『Emoji Ball Python!』

アメリカ・ジョージア州北部で20年近くもヘビの繁殖を手掛けてきたブリーダーのジャスティン・コビルカさん(Justin Kobylka)は、アルビノ種のボールニシキヘビを使ってゴールデンイエローとホワイトの美しい組み合わせを実現しようとしました。

8年間の繁殖を経てその試みは達成されましたが、そのヘビには偶然にも笑顔のように見える模様が3つもあったといいます。

CNNの取材に対してコビルカさんは「このようにスマイルマークが1つあるヘビは、20匹のうち1匹の割合で存在し得る」と説明したうえで、スマイルマークが3つあるヘビを見たのは初めてだと語っています。

CNNによると、このヘビは約6,000ドル(約65万円)という一般的なボールパイソンの60倍以上の価格で取引が行われ、その見た目通り「大きな笑顔をもたらした」といいます。

ジャスティン・コビルカさんがこれまで手掛けてきた芸術的なまでに美しいヘビの数々はこちらでご覧になれます。
https://jkobylkareptiles.com/incubator/