犬・猫

飛行中にまさかの猫が登場、パイロットも思わず二度見

自由気まま、そして予測不可能な猫の行動に、思わず驚いたことのある人は多いのではないでしょうか。フランス領ギアナでパイロットのインストラクターをしているRomain Jantot氏もその一人です。

2015年のある日、いつものように準備を行い、女性客を乗せて離陸した直後、彼は驚くべき光景を目の当たりにしました。

動画の0:38 時点から、画面右端で何かが動きます。

Youtube romain jantot 『Remove cat before flight』より

その正体はなんと猫でした。強風に当たりながらも、助けを求めるように運転席のほうに顔を出します。

Youtube romain jantot 『Remove cat before flight』より

動画のちょうど 1:00 時点でRoman氏が、”そこにいるはずのないもの”に気付き、思わず二度見してしまいます。

Youtube romain jantot 『Remove cat before flight』より

動揺はしたものの、Roman氏は女性に猫がいること、飛行場に引き返すこと、そして猫には手を伸ばさないことを冷静に伝えます。猫も専用手すり(?)に掴まりながら大人しくじっとしています。

Youtube romain jantot 『Remove cat before flight』より

無事に着陸し、猫を保護しようとするRoman氏。猫の毛は強風でボサボサになってしまいました。

Youtube romain jantot 『Remove cat before flight』より

猫は翼の”内側”にいたため、フライト前のチェックでは見逃してしまったものの、おかげで猫は終始無事でした。

もちろん、猫をはじめ、命に関わるような重大な事故に繋がりかねない事態ではありましたが、冷静な2人と1匹のおかげで無事に不運を乗り切りました。猫はとても元気だったとのことです。

絶滅と思われていた”歌う犬”、ニューギニア・シンギング・ドッグの野生個体を発見

NEW GUINEA SINGING DOG
NEW GUINEA SINGING DOG flickr photo by cuatrok77 shared under a Creative Commons (BY-SA) license

野生では絶滅したと思われていた、希少種「ニューギニア・シンギング・ドッグ」の仲間がニューギニア島に生息しているという調査結果が、8月31日にアメリカ科学アカデミー紀要で発表されました。

ニューギニア・シンギング・ドッグはもっとも古い犬種の一つで、オオカミを家畜化する過程でヒトにより改良されたもっとも初期の特徴を備えており、オーストラリアのディンゴなどとは近縁の関係にあります。もともとは人に飼育されて改良された家畜でしたが、やがて逃げ出して野生化しました。

参考記事
[kanren id=”2616″]

歌う犬、ニューギニア・シンギング・ドッグ

この犬の特徴はなんといっても歌うこと。ときに数頭~数十頭が集まり、特徴的な遠吠えを行います。

また、関節や脊柱が極めて柔軟であり、猫のように高い所に飛び乗ることができます。

現在は保護施設や動物園で約200頭が飼育されていますが、どの個体も1970年代に捕獲された野生のシンギング・ドッグの子孫で、近親交配がかなり進んでいるのが現状です。こうした状況では有害な遺伝子の蓄積が起きるため、長期化すると大きな問題になります。

ハイランド・ワイルド・ドッグ

野生のニューギニア・シンギング・ドッグは半世紀にわたって目撃されていませんでしたが、2016年になってニューギニア島西部の高地で、探検隊が野生の犬15頭を発見しました。

「ハイランド・ワイルド・ドッグ」と名付けられたこの犬は、もしかしたらニューギニア・シンギング・ドッグの祖先かもしれないと考えた研究者らは、2年後に再び同地を訪れて調査を行いました。

3頭のハイランド・ワイルド・ドッグから採取された血液からDNAを調べた結果、一致こそしなかったものの、現在までに確認されているどの犬種よりもニューギニア・シンギング・ドッグに遺伝子配列が近いことが明らかになりました。この差異は、物理的に数十年間離れていたことや、飼育個体の近親交配による影響であると推測されています。

研究者らは、このハイランド・ワイルド・ドッグと飼育個体のニューギニア・シンギング・ドッグを交配させて、いずれは本来のニューギニア・シンギング・ドッグを取り戻したいと語っています。

エレベーターで起きる犬の宙吊り事故、居合わせた男性が救助に成功

犬のエレベーター事故

このほどアメリカ・テキサス州のヒューストンで、リードで繋がれた犬が上昇するエレベーターに引っ張られそうになったところを、偶然居合わせた男性がギリギリのところで救助するという出来事があった。

27歳のジョニー・マティス(Johnny Mathis)氏は仕事を終え、エレベーターに乗って地下の駐車場から1階の自宅へと降りた。すると、入れ違いにポメラニアンを連れた女性がエレベーターへ乗り込んできた。マティス氏はその可愛らしいポメラニアンを横目で見ながら、帰宅しようとする。

このとき、女性はエレベーターのボタンを操作していたため、背後でポメラニアンがエレベーターに乗りそびれてしまったことに気付かなかった。ドアが閉まり、エレベーターが上昇をはじめると、犬に付けられていたリードがどんどん上へと持ち上がる。このままでは、上昇するエレベーターに引っ張られてリードで首が締まってしまうところだ。

一部始終を見ていたマティス氏は事態をいち早く察知し、急いでポメラニアンの元へと駆けつけ、リードを外しにかかった。これ以上リードが引っ張られないように力一杯に引き留めながら、リードの金具部分を探りあて、見事救助に成功する。外れたリードはそのままエレベーターへと吸い込まれていった。飼い主の女性はこの救出劇のさなか、エレベーターの外で起きているであろう最悪の事態を想像して取り乱し、泣き叫んでいたという。

動揺しながらも恐るおそる1階へと降りてきた女性を、マティス氏と無事だったポメラニアンが出迎えた。女性はマティス氏に感謝を伝え、それでも感情を抑えきれていない様子であったという。その翌日、マティスさんは事情を説明して管理事務所へ。事故防止啓発のために防犯カメラの映像をTwitterに投稿した。

エレベーターで起きる犬の宙吊り事故

このような話は決して珍しくない。過去にも同じような場面で、居合わせた人が犬を救助したという例がいくつも報告されている。

▼男性が救助に成功します。

▼犬が自力で逃げ出し、事なきを得ました。

▼犬は助かりますが、ショッキングな映像です。苦手な方が閲覧される際はご注意ください。
Dog flies to ceiling, nearly strangled by elevator

中国では2016年に80代の老人が、エレベーターに飼い犬が乗っていると思い込んだまま扉を閉め、犬が窒息死してしまう出来事があった。さらに、こうした事故で危険なのは飼い犬だけではない。

国内でも起きている犬の宙吊り事故

2002年には愛知県で大型犬を連れた女性がエレベーターに乗った際に、犬がホールに取り残されたままエレベーターが上昇し、鎖を持っていた左手がそのまま引っ張られ、手首に重傷を負った。

さらに2006年では東京都で95歳の女性がエレベーターに乗って10Fに向かう途中、乗り合わせた男性につられて飼い犬が8Fの外に出た。女性は犬をエレベーター内に引き戻そうとしたが、扉が閉まってエレベーターはそのまま上昇した。女性は指にリードを巻き付けていたために、そのまま引っ張られるように指が巻き込まれて指4本を切断するという事故が起きている。

これらの報告には犬の安否までは記載されていないが、リードを握っていた手に重傷を負うような大きな力が働いているため、犬たちがどうなってしまったのかは明らかだろう。人によっては、手首を失うよりも悲しい結果になりかねない。

今回の事故は、犬がエレベーターにしっかりと乗っていることを確認しなかった飼い主の不注意はもとより、長すぎるリードも問題だった。皮肉にも、長すぎるリードによって犬は助かることになったが、これではエレベーターの宙吊り事故に限らず、交通事故などの他の事故にも見舞われかねない。エレベーターに乗るときは同乗者への配慮も兼ねて、リードを短く持つか、小型犬では抱えて乗る方が確実だろう。

額に尻尾のある子犬が発見される、アメリカ・ミズーリ州

捨てられていた子犬の額には、なんと尻尾がついていた。

額に尻尾のある子犬が動物保護団体「マックス・ミッション」により、凍えるような寒さのなか捨てられていたところを保護された。生後10週ほどとみられている。この子犬には額に尻尾があるだけでなく、本来の場所にも尻尾があるため2つの尻尾を持っていることになる。

この子犬は、イッカクを意味する「ナーワル」と名付けられた。イッカクの角は、厳密には異常に発達した巨大な歯であり、群れにおいての序列を競い合うためにあるものだが、ナーワルが持つこの愛らしい”角”に勝てるような犬はいないだろう。フルネームは「ナーワル・ザ・リトル・マジカル・ファーリー・ユニコーン」というそうだ。

この額にある尻尾についてレントゲン検査を行ったところ、どうやら骨などにはついておらず、痛みの原因にはなっていないという。また、生活上の大きな支障もないため、切除はしない方針であるという。

動物保護団体「マックス・ミッション」ではおもに、ナーワルのような何らかの事情によって特別なケアを必要としている犬を保護している。同団体がフェイスブックに投稿したナーワルの写真や動画は多くの人に拡散され、保護センターの活動自体にも注目が集まっているという。

ナーワルが成長するうえで今後、この尻尾が何らかの問題が引き起こす可能性があるため、里親募集については保留の段階であるが、既に50件以上もの申し込みが寄せられている。

偶然迷い込んだ子犬が、雑種化により姿を消しつつある”純血”のディンゴだった

オーストラリア南東部にあるビクトリア州の小さな町に迷い込んだ一匹の子犬。家の裏庭で見つかったというその子犬は、純血のディンゴであることが分かった。


Dingo flickr photo by traceyodea shared under a Creative Commons (BY) license

オーストラリアの野犬「ディンゴ」

ディンゴはオーストラリアに生息する野生イヌで、一見するとただのイヌに見えるが、ピンと立った三角のとがった耳や、細くしなやかだが強靭な四肢、長く垂れ下がった大きな尻尾など、体の随所にはタイリクオオカミの特徴や風貌が垣間見える。体重は10~15kg程度で、赤みがかった体毛を持ち、単独または群れを作って生活する。

ディンゴの分類学的な位置づけはまだ確立されておらず、タイリクオオカミの亜種であるとする学説と、独立した種であるとする説で大きく分かれている。オーストラリアにある大学の合同研究チームが2019年3月に発表した論文では、ディンゴはイエイヌやオオカミとは異なる多くの特徴があり、オーストラリアという地理的に隔絶された環境で、歴史的に家畜化された確かな証拠が無いことなどから、ディンゴを独立した種であると結論付けている。


Dingo flickr photo by PaulBalfe shared under a Creative Commons (BY) license

オーストラリアでは、ディンゴは家畜などを襲う害獣と見なされており、不用心な観光客や幼児を襲撃するケースも珍しくない。2019年4月には、オーストラリアのフレーザー島のディンゴが、キャンピングカーの中にいた1歳児を連れ去ろうとしているところを父親が発見し、ディンゴを追い払って救出するという出来事があった。赤ちゃんは深い傷を負ったが、救急ヘリコプターで病院へと運ばれ、一命を取り留めたという。

これまで厄介扱いされてきたディンゴであるが、近年になってその重要性が見直されつつある。現在のオーストラリア大陸に生息しているディンゴは今から約3,000~4,000年前に人間と共にアジアから渡来してきたものと考えられているが、のちに渡来してきたイエイヌとの交雑が進み、種としての”ディンゴの絶滅”が懸念されているのだ。

ディンゴ・ハイブリッドの増加

イエイヌとディンゴの雑種はディンゴ・ハイブリッド(Ding hybrids)または単にワイルド・ドッグ(Wild dog)と呼ばれ、オーストラリアに生息するディンゴの大半はこの雑種化したディンゴ・ハイブリッドだ。現在、純血のディンゴはフレーザー島などのごく一部の地域に限られているという。

ハイブリッド・ディンゴは、当然ながらイエイヌやディンゴの性質を併せ持っており、身体能力が高いうえに病気にも強く、優れた適応能力で生息域を徐々に拡大させつつある。このように、ハイブリット・ディンゴの増加によって交雑は加速度的に進行してしまうため、純血ディンゴの保全活動や雑種化の抑制が急務となっているのだ。

迷い込んだ一匹の子犬

2019年8月、民家の裏庭に迷い込んだ1歳にも満たない仔犬を家主が発見した。仔犬は大型猛きん類に襲われたとみられる引っかかれた傷があり、家主はすぐ動物病院へと連れて行った。
近隣で活動しているオーストラリア・ディンゴ基金の責任者であるリン・ワトソン氏は、この子犬がディンゴであるという話を聞きつけて病院と連絡を取り、保護することになった。

保護された「ワンディ」。

リン・ワトソン氏は、「ワンディ」と名付けられたこのディンゴの遺伝子サンプルをニューサウスウェールズ大学に送って調べるように病院に依頼。その後に送られてきた調査結果には、ワンディが100%純血のディンゴであったことが記されていた。リン・ワトソン氏のディンゴ保護活動チームは歓喜に沸いたという。交雑化が深刻化している今、人やイヌが多く住むような町で純血のディンゴが見つかることは非常に稀なケースだ。

現在、ディンゴの純血種は絶滅危惧種Ⅱ類(危急)に指定されており、このような純血種を発見・保護することが最優先事項となっている。ディンゴの子ども「ワンディ」がどこで生まれ、どのようにして裏庭で見つかることになったのかは不明だが、本来あるべき姿を受け継いだこの子とその子孫を、私たちは守り抜き、そして繋ぎ止めなければならない。