鳥類

ハトの羽根に紫外線を当てると謎の模様が浮かび上がる動画が海外で話題に

ハトの羽に紫外線を当てると奇妙な謎の模様が浮かび上がる…という動画が海外で話題になっています。紫外線により蛍光する生物は数多く存在しますが、これは本物なのでしょうか?

続きはエピネシス.netでご覧いただけます

ハトの羽根に紫外線を当てると謎の模様が浮かび上がる? – エピネシス

どうしても見てしまう…コモンチョウは水玉模様が大好き――北海道大学


Star Finch flickr photo by Laurie R B shared under a Creative Commons (BY-SA) license

動物の体にみられる模様には、周囲の環境に溶け込むものがある一方で、派手で目立つものも多くあります。例えば縞模様や水玉模様などがありますが、どのように進化してきたのかについてはあまりよく分かっていません。

そこで北海道大学の研究者らはコモンチョウに注目しました。コモンチョウは着物の小紋柄のような白い水玉模様を持っており、求愛の際には水玉模様で覆われた部分だけ羽を膨らませてアピールします。

また、これまでの研究で粒状のエサを食べる種ほど羽に水玉模様を持つ傾向があることも分かっており、研究者はコモンチョウは水玉模様を好むのではないかと推測しました。

研究者らは飼育下のコモンチョウに水玉模様(黒地に白い水玉)、または縞模様の紙をケージの両端にそれぞれ置いて行動を観察するテストを行いました。

その結果、コモンチョウはエサがなく空腹の状態では縞模様と比べ水玉模様をよく見るだけでなく、まるでエサをついばむように水玉模様をつつく行動を示しました。また、エサがある状態ではつつく行動はほとんどみられなくなりましたが、縞模様よりも明らかに水玉模様を気にしており、その差は圧倒的であったといいます。

もっとも多い個体では1時間に500回以上(10秒に1回以上)の割合で水玉模様を見ており、どうやらコモンチョウにとって水玉模様には抗いがたい魅力があるようです。

グッピーなどの一部の魚類では体表にエサによく似た模様を持つものがおり、求愛の際に相手を惹きつけるのに役立つことが報告されていますが、プレスリリースで研究者らはコモンチョウも同様の理由で説明できる可能性があると説明しています。

Reference:水玉柄の鳥は水玉模様が好き~コモンチョウの特性理解で,動物にみられるさまざまな模様の進化解明に新展開~

イスラエルで約1,000年前の鶏卵がほぼ完全な形で発見される

イスラエルの首都テルアビブの南にある町ヤブネで、このほど約1,000年前の鶏卵がほぼ完全な形で発見されたとイスラエルの考古学庁が発表しました。

この鶏卵は約1,000年前の汚水槽の発掘調査でみつかったもので、槽内にあった人の排泄物を含むやわらかい堆積物に埋もれる形で発見されたといいます。


イスラエルの考古学庁の公式facebookページより

専門家は「考古学における発掘調査では殻の厚いダチョウの卵は見つかることはあったが、鶏卵がほぼ完全な形で残っているのは初めてであり、世界的にも非常に珍しい」とコメントしています。


イスラエルの考古学庁の公式facebookページより

野生のハチドリが手のひらの上で休憩、目を閉じてウトウト(動画)

ハチドリが人の手のひらの上で心地よく眠る動画がかわいいと大きな話題になっています。

動画は5月31日、アメリカのノースカロライナ州キャメロンで撮影されたもので、このハチドリは玄関付近にいたところを投稿者の息子が発見したそうです。

投稿者はこのハチドリに砂糖水を与えましたが飲まず、手のひらの上や服の上でしばらく休憩したあと飛んで行ったそうです。

ハチドリは体重わずか2g程度の鳥で、「世界で一番小さな鳥」といわれています。1秒間に60~80回以上も羽ばたき、空中で静止しながら長いクチバシを花のなかに差し込んで花の蜜を吸います。

また、ハチドリの足は退化しており、枝などに止まったりすることはできますが歩くことはできません。大人しく見えたのはそのせいもあるでしょうが、人の手のひらの上や服の上はさぞ居心地が良かったに違いありません。

飛んで行ったところを見ると、どうやら怪我や病気などではなさそうです。

2011年にはいびきをかくハチドリの動画が投稿され、大きな話題になりました。

思わず目を疑うようなサンショクキムネオオハシの意外な体の仕組みが話題に

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスに住むJanelle Tsaoさんが投稿したサンショクキムネオオハシの動画がSNSで話題になっています。

Janelleさんオオハシの首の後ろの部分を少し引っ張ると、なんと奇妙な空洞のようなものが現れました。

Janelleさんによると、首の後ろには薄く半透明な皮膚があり、これにより神経などが透けて見えるのだそうです。

ちなみに、首元の部分もほとんどが羽毛であり、丸々とした外見の割に首はかなり細いようです。

サンショクキムネオオハシ(Ramphastos sulfuratus)は中南米に生息するクチバシの大きなオオハシの1種で、大きさは約45cm、体重は400~500gほど。