水生動物

ツツイカも色を変えて擬態することができる、掃除中に偶然発見――沖縄科学技術大学院大学

タコやコウイカは周囲の環境にあわせて体の色を変化させる擬態能力を持つことが知られていますが、このほどツツイカも体の色を変化させる能力があることを沖縄科学技術大学院大学の研究者が偶然発見しました。

イカ大きく分けてコウイカ類とツツイカ類に大別することができますが、ツツイカの多くは外洋に生息しており、飼育が難しいため擬態能力の研究についてはこれまでコウイカやタコが研究対象となっていました。しかし2017年に沖縄科学技術大学院大学の研究チームはツツイカの仲間であるアオリイカの長期飼育に成功し、観察実験を行うことができるようになりました。

そしてある日、研究者らが水槽に生えた藻を除去する清掃を行っていると、藻を除去した場所とそうでない場所ではアオリイカが体色を変化させていることに気付いたといいます。

論文の特筆者はプレスリリースで「これは実に驚くべき反応で、そしてこの能力にこれまで誰も気づかなかったことにも未だに驚いています。」とコメントしています。

Reference:第3の頭足類ツツイカが背景に合わせて体色を変化させることを初めて記録 – OIST

エクアドルの熱帯アンデスで体が半透明のカエルが発見される

※この記事には一部の人にとって不快な、あるいは衝撃的なコンテンツが含まれています。
閲覧の際には十分ご注意ください。

このほど、エクアドルのアンデス山脈のふもとを流れる谷川グアイリャバンバを挟んで、アマガエルモドキ科のカエル2種が発見され、今月18日に学術誌『PeerJ』に掲載されました。

この論文の共著者であり、非営利団体アンデアン・コンドル財団の研究員であるジェイミー・クレブラスさんは、Instagramのアカウントに今回発見された新種のアマガエルモドキ科のカエルをスライドショー形式で投稿しています。

▽ジェイミー・クレブラスさんの投稿。7枚のスライドショーになっています。

今回発見されたカエルはHyalinobatrachium mashpi(ヒアリノバトラキウム・マシュピ)とHyalinobatrachium nouns(ヒアリノバトラキウム・ノウンス)の2種。いずれも同じ標高で同じような環境に生息しています。

この2種はいずれもアマガエルモドキ科に属しており、このカエルの仲間は半透明の皮膚や体をもつことから「グラスフロッグ」とも呼ばれています。1枚目の画像では、赤い心臓や消化器官、緑色の卵が入った袋が外から透けて見ることができます。

熱帯アンデスには驚くほど生物多様性に富んでおり、未発見・未記載の種も数多く生息していますが、人間の活動によって人知れず絶滅の危機にさらされているのだそう。
発見することは、知ること、そして守ることへの第一歩です。

エサに大豆イソフラボンを混ぜてチョウザメをメス化させることに成功――近畿大学

近畿大学の研究者らはこのほど、大豆イソフラボンを使ってチョウザメをメス化させることに日本で初めて成功しました。

チョウザメはサメという名前がついていますが、軟骨魚類ではなく硬骨魚類でサメの仲間ではありません。そのチョウザメの卵を塩漬けにしたものがキャビアで、世界各地で養殖も行われていますが、チョウザメはメスとオスが1:1の割合で生まれるため生産効率の悪さが問題となっていました。

そこで近畿大学の研究者らは、大豆などに多く含まれる大豆イソフラボンに注目。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があり、遺伝的にはオスであってもメスに性転換させることができます。

研究者らはチョウザメの一種であるコチョウザメの稚魚のエサに大豆イソフラボンの一種であるゲニステインを混ぜて180日間与え続けた結果、ある一定量与えたグループの個体をすべてメス化させることに成功しました。

▽今回研究対象となった新宮実験場で飼育されているコチョウザメ。

近畿大学のプレスリリースより

同研究チームは去年にも、大豆イソフラボンを溶解した水で育ててナマズをメス化させることに成功しています。

大豆イソフラボンを使ってナマズをメス化させることに成功――近畿大学 -エピネシス
https://epinesis.net/archives/post-9195.html

Reference:日本初!大豆イソフラボンによるチョウザメの全メス化に成功 安全な方法で効率的なキャビア生産をめざす

イギリスで透明な生物が大量に打ちあがり大きな話題に――イギリス・ウェールズ

イギリス・ウェールズのガウアー半島の海岸で、数百~数千もの透明な生物が大量に打ち上がり大きな話題になっています。

発見者であるイジー・マッカーサーさん(Izzy Mcarthur)は今月1日、トール湾に泳ぎに行った際に海岸線に沿って奇妙で透明な物体が数百~数千個も打ち上がっているのを発見しました。

地元のオンライン誌『Wales Online』によるとこの生物は「シーグーズベリー」として知られるテマリクラゲ科テマリクラゲ属の一種Pleurobrachia pileusで、この時期のブリストル海峡では珍しいことではないといいます。

このクシクラゲの仲間はおもに北大西洋、北海、バルト海、黒海に生息しており、体長の20倍以上にもなる触手で獲物を捕らえます。

また、他の有櫛(ゆうしつ)動物と同様に、泳ぐ際には繊毛が数万本も束ねられてできた運動器官「櫛板(くしいた)」が反射により虹色に輝きます。

水中で見るぶんには非常に美しい生物ですが、ここまで大量に打ち上がると…

Reference:Thousands of strange-looking jelly creatures have washed up on a Gower beach

あなたにおすすめの記事
[kanren id=”9146″]
[kanren id=”291″]
[kanren id=”282″]
[kanren id=”3318″]

釣り糸にくっついたコトクラゲがまるで干した洗濯物のよう、フィリピンの水深120mの海で撮影

こちらは、カリフォルニア科学アカデミーの研究者であるLuiz A. Rochaさんが投稿したツイートです。

切れた釣り糸にくっついて並んでいるコトクラゲが、まるで干した洗濯物のようです。

コトクラゲ(Lyrocteris imperatoris)は、有櫛(ゆうしつ)動物門に属するクシクラゲ類の仲間で、様々なカラーバリエーションがあることで知られています。

他のクシクラゲ類とは異なり、通常のクラゲのように海中を浮遊せず、海底の岩やサンゴなどに付着して生活しています。


コトクラゲはうさぎの耳のような可愛い姿をしていることで知られています。

また、泳ぐために必要な櫛板(しつばん)は成体になると消失してしまいます。この櫛板は、同じクシクラゲ類のウリクラゲやカブトクラゲでは虹色に輝く帯として知られています。

学名の種小名である「imperatoris」は天皇に相当する意味があり、1941年に昭和天皇が江の島沖の水深70mの底生生物調査でこのコトクラゲを初めて発見したことに由来しています。