ハトの羽根に紫外線を当てると謎の模様が浮かび上がる動画が海外で話題に

ハトの羽に紫外線を当てると奇妙な謎の模様が浮かび上がる…という動画が海外で話題になっています。紫外線により蛍光する生物は数多く存在しますが、これは本物なのでしょうか?

続きはエピネシス.netでご覧いただけます

ハトの羽根に紫外線を当てると謎の模様が浮かび上がる? – エピネシス

どうしても見てしまう…コモンチョウは水玉模様が大好き――北海道大学


Star Finch flickr photo by Laurie R B shared under a Creative Commons (BY-SA) license

動物の体にみられる模様には、周囲の環境に溶け込むものがある一方で、派手で目立つものも多くあります。例えば縞模様や水玉模様などがありますが、どのように進化してきたのかについてはあまりよく分かっていません。

そこで北海道大学の研究者らはコモンチョウに注目しました。コモンチョウは着物の小紋柄のような白い水玉模様を持っており、求愛の際には水玉模様で覆われた部分だけ羽を膨らませてアピールします。

また、これまでの研究で粒状のエサを食べる種ほど羽に水玉模様を持つ傾向があることも分かっており、研究者はコモンチョウは水玉模様を好むのではないかと推測しました。

研究者らは飼育下のコモンチョウに水玉模様(黒地に白い水玉)、または縞模様の紙をケージの両端にそれぞれ置いて行動を観察するテストを行いました。

その結果、コモンチョウはエサがなく空腹の状態では縞模様と比べ水玉模様をよく見るだけでなく、まるでエサをついばむように水玉模様をつつく行動を示しました。また、エサがある状態ではつつく行動はほとんどみられなくなりましたが、縞模様よりも明らかに水玉模様を気にしており、その差は圧倒的であったといいます。

もっとも多い個体では1時間に500回以上(10秒に1回以上)の割合で水玉模様を見ており、どうやらコモンチョウにとって水玉模様には抗いがたい魅力があるようです。

グッピーなどの一部の魚類では体表にエサによく似た模様を持つものがおり、求愛の際に相手を惹きつけるのに役立つことが報告されていますが、プレスリリースで研究者らはコモンチョウも同様の理由で説明できる可能性があると説明しています。

Reference:水玉柄の鳥は水玉模様が好き~コモンチョウの特性理解で,動物にみられるさまざまな模様の進化解明に新展開~

ジュゴンもあくびをする、イルカに引き続き2例目――三重大学

三重大学の研究者は、完全水中生活のジュゴンが休息時にあくびをすることを世界で初めて確認したと発表しました。

研究者らは鳥羽水族館においてジュゴンを約20時間観察したところ、休息状態のときに「口をゆっくり開け、最大をしばらく維持した後に急速に閉める」という行動を14例確認することに成功したといいます。

同研究者らは去年7月にもハンドウイルカであくびのような行動を確認しており、完全に水中生活をする哺乳類であくびが確認されるのはこれで2例目となります。

現在のあくびの定義は「初めに口をゆっくり開けて空気を吸い、次に口の大きさが最大に達し、最後に短く空気を吐き出して口を閉じる」とされていますが、その生理機能はまだ完全には明らかになっていません。

同研究者らは、例えば人間の胎児も羊水中であくびをするといった報告もあるように、あくびは必ずしも呼吸が伴う必要がない行動であり、あくびの定義を再検討することを提案しています。

朝食を抜くと体重が増える、マウスの朝食を抜きにして明らかに――名古屋大学


※写真は本研究と無関係です。

朝食を抜くと太るという報告がある一方、朝食を抜くだけのダイエット法なども一部で流布されていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

名古屋大学の研究者らは、活動期における最初の4時間を食べさせないようにしてマウスの”朝食”を抜きにしました。その結果、マウスの脂肪が増えて体重が増加し、さらに筋肉量が低下していました。

近年の研究では代謝に関わる内臓や筋肉の”時計”は食事のタイミングで調整されていることが明らかになっていますが、今回の実験結果について研究者が詳しく調べたところ、どうやら朝食を抜いたことによって体温や肝臓、脂肪組織の”時計”に異常が生じたために脂肪が増えたと考えられるといいます。

この実験結果はマウスだけでなくヒトにも当てはまると考えられ、研究者らは朝食をしっかり摂ることはメタボリックシンドロームやサルコペニアシンドロームの予防にも役立つと指摘しています。ダイエットに興味がなかったとしても、健康のためにしっかり朝食は摂った方が良さそうです。

Reference:朝食を食べないと、体重が増えるだけではなく、筋肉量も低下することを解明 – NU Research Information 名古屋大学 研究成果発信サイト

福井県にある採石場跡地の坑道内で新種のヤスデが発見される――福井市自然史博物館

※この記事には一部の人にとって不快なコンテンツが含まれています。
閲覧の際には十分ご注意ください。

福井県の福井市自然史博物館は今月25日、市内にある足羽山の採石場跡地の坑道内で新種のヤスデを発見したと発表しました。

「アスワタテウネホラヤスデ」このヤスデは体長約3cmほどで、半透明の黄色褐色をしており、目は退化しているとのこと。

最初の発見は2017年で、その後も学芸員らは調査を続けて約50個体を採取し、京都大学理学研究科にDNA解析を依頼したところ新種であることが明らかになり、このほどニュージーランドの学術誌『Zootaxa』に掲載されました。

実は足羽山坑道内では以前にも新種が発見されており、1980年には「アスワメクラチビゴミムシ」、1981年には「アスワマシラグモ」、1986年には「アスワホラヒメグモ」が発見されており、今回発見された「アスワタテウネホラヤスデ」で4種目となります。

福井市自然史博物館は今後、発見されたヤスデの標本や動画、資料などを展示する予定です。